ホーム > 統計室:市況情報 > 鮮魚・冷凍魚・加工水産物の市況:平成22年   2月 市況情報

市況情報

鮮魚・冷凍魚・加工水産物の市況:平成22年   2月 市況情報

鮮魚

天然物は近海活魚が少なかったが、青物一般の魚種の入荷が順調に推移した。市況的には、価格の安い品物で若干の動きがあったが、価格の高い品物は売れ行きが悪かった。

冷凍魚

2月の上旬は外食向けの商品が不振で荷動きが悪かった。
また、シーズンオフ商材や中国加工の商品が旧正月の影響のため、品薄の商品があった。

加工水産物

季節商材のホタルイカ・フルセ(イカナゴの親)・新子等が出始めた。新子は昨年に比べて順調に水揚げされそうだが、フルセは少な目になると予想される。

主要品目の市況

マ グ ロ

生マグロは、中旬旧正月もあり強持合であったが、それ以外は入荷量も多く相場は下落傾向にあった。
冷凍マグロは、生マグロで安い物があったため、相場は弱持合であった。

ア   ジ

平アジは大分・鹿児島・九州方面主体の入荷。月を通して水揚げが少なく相場は高値で推移した。
丸アジは三重・静岡県方面主体の入荷。水揚げは順調で平均相場で動いた。
下旬にかけて和歌山方面の巾着漁が出漁し、相場は比較的安値が続いた。型は200~250g物が中心であった。

スルメイカ

釣物は山口県主体の入荷。定置物は長崎県主体の入荷。型は大きく20杯入中心の入荷。天候不順により水揚げ不安定のため、月を通して相場は高値で動いた。

サ   バ

千葉・九州方面主体の入荷。千葉方面の水揚げが順調で型は500~600g物が主体となり、相場は平均で推移した。新潟・和歌山方面は600~700gが中心で水揚げが安定せず、相場は高値で推移した。

冷 凍 サ バ

ノルウェー産のラウンドは、順調な荷動きがあり三枚卸のフィーレは未だ新物原料に切り変わっていない状況である。

冷 凍 イ カ

国産の冷凍スルメイカは、シーズンオフで鮮魚の入荷が少ないため、順調に売れている。また、ムラサキイカが不漁のため、相場は高値を推移している。

ページトップへ