ホーム > 統計室:市況情報 > 鮮魚・冷凍魚・加工水産物の市況:平成25年 6月  市況情報

市況情報

鮮魚・冷凍魚・加工水産物の市況:平成25年 6月  市況情報

鮮魚

養殖物は、産卵期も終わり産地の在地量も少なくなり、特にカンパチ・ハマチなどは浜値が高くなってきた。青物関係は、カツオ・平アジなどはそこそこ売れゆきが良かったが、サバの品質が悪く売ゆきが悪かった。
全体的には、水曜日が休市だった割りには市況が悪かった。

冷凍魚

為替が約100円/ドルで安定し、相場は高値安定したが、この半年の急激な値上げで荷動きが悪かった。

加工水産物

下旬頃から紅鮭の本ちゃんの入荷が始まった。予想では価格帯がしっかりするという見方だったが、実際は入荷が多く値が崩れるのも早かった。
7月には、大型船が返ってくるためその影響が出てくると予想される。

主要品目の市況

マグロ

生キハダ・メバチは、台湾・インドネシア産中心の入荷と国内産もあり、数量が多かったため相場は安値傾向だった。
冷凍キハダは、インド洋・静岡産中心に入荷し、数量は昨年より減少傾向だった。

ア ジ

丸アジは、紀州方面の漁が今年は少なく、価格は高値で推移した。
平アジは、九州・山陰各地で漁があり、キロ当たり1,000円~500円と安値で推移した。

スルメイカ

入荷は、石川・新潟方面だったが、6月上旬は型が小さく、25杯入りと30杯入りが中心だった。
30杯入りは、全国量販店からの引き合いが強く、相場は高値で推移した。

サ バ

真サバは、今年の品物が例年に比べ若干落ちてきた。逆に旬であるゴマサバの方が売れている。

冷凍サバ

ノルウェー産のサバは、端境期のため、特に大型サイズ(600gアップ)が品薄になっている。

冷凍イカ

鮮魚の入荷が始まり、相場はやや緩んだ。

ページトップへ