ホーム > 統計室:市況情報 > 鮮魚・冷凍魚・加工水産物の市況:平成26年 5月  市況情報

市況情報

鮮魚・冷凍魚・加工水産物の市況:平成26年 5月  市況情報

鮮魚

5月は、全体的にシケも多かったため、天然物の入荷が不安定で、数量が乱高下する原因になった。しかし、需要が鈍いためか荷動きが悪く、販売面では入荷数量の大小に関わらず相場弱含みの市況だった。

冷凍魚

冷凍魚全般において、原油価格や漁獲減少などの原因から、価格が強含みになった。ただ、うなぎ蒲焼は今年にシラスウナギの久々の豊漁が原因で、中国加工の蒲焼は価格が弱くなってきている。
北方凍魚は、漁獲量減と中国に対しての買い負け、円安で搬入が減っており、相場は強含みになった。
エビは、ブラックタイガーの国内在庫は保合からやや弱含みだったが、新物は強含み、バナメイは保合からやや弱含みだった。
タコは搬入減で相場強のままで、イカ類の国産物は新物待ちで強含み、海外物は輸入枠が不足で加工品を中心に搬入がしづらい状況だった。

加工水産物

加工水産物も原油高の影響で、販売価格の改定や、価格を据え置くための内容量の変更などの値上げを来月以降も行わなければならない状況です。
開き物は、原油価格高騰と漁獲量不足で強含み、山陰物は夏季休漁に入り、在庫のみの入荷だった。北海物の鮭は養殖物の相場が強く、天然物は新魚待ちの状況です。汐サバの大型サイズは新物待ちで相場は強含み、小型サイズは保合でやや強含みだった。
魚卵系は、新物原料が弱含みなので、今後売りやすくなると思われます。

主要品目の市況

マグロ

生鮮物はインドネシア、グアム方面中心の入荷で、入荷は順調だった。相場はやや弱含みで推移した。
冷凍物は、静岡水揚げの太平洋産キハダマグロがメインで入荷した。産地在庫、入船とも少なく数量は少なめだったため相場はやや強含みだった。
脂物関係は、養殖の本マグロ中心の入荷で、入荷順調で相場は保合だった。来月は、境港産の本マグロの水揚げも始まるので、生鮮物はこれを中心の入荷になります。予想価格は、㎏当り2,000円~1,500円が中心になると思われます。

タ イ

天然物は、兵庫・愛媛産中心の入荷で、入荷も多く、相場は弱い市況だった。価格は㎏当り1,400円~600円中心の相場だった。
養殖物は、愛媛産中心の入荷で、産卵期のため色目や品質の低下があったが、入荷は順調で相場は保合だった。
来月は天然物が兵庫・愛媛産中心の入荷が予想されます。入荷量は少なく相場が強くなると予想されます。㎏当りの価格は2,000円~1,500円が中心になると予想されます。
養殖物は愛媛産中心の入荷で、入荷は順調で相場は保合になると予想されます。㎏当りの価格は1,250円中心になると思われます。

サバ・アジ

サバは千葉・静岡産中心の入荷だった。時期的に脂の乗りが悪いが、漁獲は順調だったため、産地価格に比べるとセリ値が低い状態が続き、引き合いが弱く、売れ行きが悪い状態だった。
平アジは四国各地と大分中心の入荷で、順調に入荷し相場は保合だった。
㎏当りの価格は1,200~900円が中心だった。
来月はサバ・アジとも入荷が順調で相場も保合と予想されます。

スルメイカ・剣先イカ

スルメイカ・剣先イカともに、例年に比べて入荷数量が少なかった。
剣先イカは、月の前半は入荷がほとんどなく、後半から若干入荷があった。入荷量が少なく、相場が強い市況だった。
スルメイカは、4㎏で30杯入の小型サイズ中心の入荷で、入荷が少なく相場はやや強含みだった。
来月は、スルメイカ・剣先イカともに、入荷が順調で相場は保合になると予想されます。

貝類・ウニ

ウニは、ロシア産・北海道産中心で、順調に入荷し相場は保合だった。
㎏当りの価格は17,000円~14,000円中心の価格で推移した。
アサリは、三重県の大不漁の影響で入荷はほとんどなかった。帆立については、青森・北海道から順調に入荷し、相場は弱含みだった。㎏当りの価格は、2,800円~2,200円中心の価格で推移した。
来月は、アサリがシーズンオフのため、入荷がほとんどなくなり、その代わりに、長崎産サザエや山口産アワビなど季節物中心の入荷になる予定です。

冷凍カレイ

カラスカレイは、中国向けの出荷が多く、日本向けの原料が減っており、ドレス・フィーレ共に値上げになっている。主にアメリカ産の浅羽カレイ・黄金カレイ・白カレイなどの相場は保合だった。

冷凍サバ・サワラ

ノルウェー産原料は、600gアップ、600g~400gサイズの搬入が少なく、中国・国内加工の35枚入から大型サイズのフィーレが手当てできない状況で、大型サイズのフィーレは値上げをお願いしている状況です。
国産原料のサバフィーレは大型サイズも在庫があり切替を検討してください。

冷凍エビ

養殖ブラックタイガーは、各産地とも稚エビの池入れ漁量を減らしてバナメイに転換したため、現地浜値は高いが、国内相場は昨年の行き過ぎた相場の反動で弱含みのままだった。そのため、新規買付が難しく、国内在庫での繰り回しのため、サイズにより在庫が不安定になった。
バナメイは、増産したインド産の搬入が始まり、在庫は潤沢になりつつあるが、価格はやや弱含みだった。中国やアメリカの今後の引き合いで価格は変動すると思われます。
天然エビは、これからインドフラワーの搬入が始まり価格は弱含みですが、高値圏です。生食エビは、カナダボタンが新物価格高騰のため相場が強く、アルゼンチン赤エビは市況軟化で弱い相場だった。

ちりめん・煮干・丸干

4月から始まる新物ちりめんの搬入が、各地水温などの影響で遅れ、鹿児島県や宮崎からの搬入のあと、6月に入ってから本格的に徳島・淡路・広島方面からの入荷がまとまると思われます。
相場は、並品で㎏当り2,200円~1,700円と思われ、入荷が増えれば相場は弱含みになると予想されます。

汐サバ・汐鮭

汐サバのノルウェー原料は、大型サイズ原料の搬入が少なく、8㎏で12尾~16尾サイズはほとんど入荷がないため相場は強かった。
国産原料は、8㎏で14尾サイズを中心に在庫があるので、こちらも検討ください。相場は原料の搬入がないため、来月も保合になると思われます。
汐鮭は、新物紅鮭のロシア産の着漁が6月にずれ込み、搬入が1ヶ月遅れます。予想はカナダ産豊漁予想もあり、相場は保合からやや弱含みになると思われます。
チリ銀は円安と搬入量が昨年の4割減などの要因もあり、大幅に上昇している。
来月も高値に張りついたままになると思われます

ページトップへ