ホーム > 統計室:市況情報 > 鮮魚・冷凍魚・加工水産物の市況:平成29年5月

市況情報

鮮魚・冷凍魚・加工水産物の市況:平成29年5月

鮮魚

全体的に入荷順調、相場弱含み。

冷凍魚

為替の影響で、輸入物中心に相場やや強含みで推移しました。

加工水産物

夏物商材への切り替えが進んできましたが、各商材とも原料事情が悪く、拡販も厳しい状況です。

主要品目の市況

真鯛

天然真鯛…入荷順調、相場保合。
養殖真鯛…浜値強いため、相場強含みに。

鯵、鯖

鯖は、アニサキス報道の影響で、売れゆきが急激に悪くなりました。
平鯵、丸鯵とも、同じくアニサキス報道の影響か、品質のわりに売れゆきが悪く、入荷順調、相場弱く推移しました。

スルメイカ、剣先いか

スルメイカは、九州~北陸の日本海側中心の入荷で、入荷はぼちぼちありましたが、浜値が高騰したままで、また、サイズも30入り~バラと小型中心なことから、売れゆき鈍かった。
剣先いかは、九州方面より、多少入荷ありました。

貝類、うに

岩かきは、前半は順調に売れていましたが、後半日中が暑かったせいか、売れゆきが鈍かった。

冷凍かれい

カラスカレイは相場保合。

冷凍鯖、鰆

大型の鯖、鰆とも入荷少なく、相場やや強含み。

冷凍えび

一時期に比べて、相場やや強含みに推移。

ちりめん、煮干、丸干

国産ちりめんは、兵庫県、大阪府産の入荷がはじまりましたが、漁は少なめで浜値がしっかりしているため、相場はkg2,500円前後中心の相場で推移しています。
これからの漁の好転と、価格のこなれに期待したいところです。

汐鮭、汐鯖

6月より、ロシア、アラスカで新物の紅鮭漁がはじまりますが、どちらも漁模様の予想は不漁で、おそらく日本向けの数量は少ないと見込んでいます。チリ銀は、価格を上げすぎて、荷動き悪く、様子見になっています。

ページトップへ