ホーム > 統計室:市況情報 > 鮮魚・冷凍魚・加工水産物の市況:令和2年1月

市況情報

鮮魚・冷凍魚・加工水産物の市況:令和2年1月

鮮魚

例年と違い、1月中旬より各産地共時化が月末まで続き、品薄状態で浜値が高騰し何品かは荷引きが出来なかった。初市より各販売先の荷動きも悪く、全体に前年を下回る結果となりました。

主要品目の市況

鮪(生・冷凍)

例年とほぼ変わらない流れでしたが、生マグロ等が月末辺りから少なく、全体的に相場が上がってきた。

真鯛(天然・養殖)

カンパチ等は売れ行きが悪かったが、浜値は下がらなかった。鯛は大阪方面の売れ行きが悪く、浜値も下げていた。

鰯・鯖

全般的には入荷は安定していたが、中旬よりの時化のため相場は不安定となり、物量は増えなかった。

スルメイカ・剣先イカ

入荷は少量で推移し、剣先イカは入荷がなかった。全般に高値安定であった。

貝類・うに

注文分は確保し、相場も安定していた。

ページトップへ