ホーム > 統計室:市況情報 > 鮮魚・冷凍魚・加工水産物の市況:2020年5月

市況情報

鮮魚・冷凍魚・加工水産物の市況:2020年5月

鮮魚

鮮魚全般的に新型コロナウイルスの影響を受け、仲卸等からの注文品も減少傾向であったため販売面で非常に苦労した。
 せり販売に関しては安値安定の状態が続き、現状も回復は見られない。

冷凍魚

 新型コロナウイルスの影響により全般的に動きは鈍かった。
 各商社が価格げんがを減額訂正をしたことにより、GW明けよりチリ銀鮭の価格に下降傾向が見られた。

加工水産物

 鰻蒲焼(中国産)の価格が下がっているので、今年の土用の丑には量販店に期待。
 煉製品はシーズンのメニュー切り替えが進んでいる。

主要品目の市況

鮪(生・冷凍)

新型コロナウイルスの影響により注文の数量は全般に減少傾向で推移した。

真鯛(天然・養殖)

全般的に入荷数量は前年に比べ10%程度の減少で推移した。

鰯・鯖

入荷数量は若干少なめだったが、動きとしては例年と変わりなく推移した。

スルメイカ・剣先イカ

スルメイカについては前年より浜値高が続いたが、後半になり浜値が下がり数量は増加した。

剣先イカについては特に大ケンイカを中心に前年より増加し、単価的には安値で推移した。

貝類・うに

相対物品中心に販売したが居酒屋・ホテル等の注文がなく、全般に減少傾向であった。

冷凍かれい

新型コロナウイルスの影響で荷動きは鈍かった。特に価格に変動は見られなかった。

冷凍鯖・鰆

新型コロナの影響で荷動きは鈍かった。特に価格に変動は見られなかった。

冷凍エビ

輸入のブラックタイガー無糖殻付きエビ等の価格に下降傾向あり。新型コロナウイルスの影響により入荷がなく、スーパー向けの解凍エビの価格には上昇が見られた。

ちりめん・煮干し・丸干

ちりめんの状況が悪い。GW明けから期待していたちりめん漁の水揚げが不漁で、インドネシア産に集中する気配である。

汐鮭・汐鯖

汐鯖は「ノルウェー産16尾」の商品が中心で、販売に関しては学校給食ストップの影響が出た。チリ銀鮭は価格下降傾向あり。

ページトップへ